読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トータルフットケアサロン アヒナヒナ

厳しい環境でも花を咲かせるアヒナヒナ、忙しい現代社会を生きる女性にも共通する強さがありますね。そんな女性達の健康の鍵を握る足・脚の悩みを自然療法で根本的に解決していくお手伝い。

~5∼50年に1度花を咲かせた後は株ごと枯れてしまうアヒナヒナ。その花を見た人には幸福が訪れると言われているそう~ 

祝成人! 足は大人になりましたか?

❋❋❋ 足・靴・歩行の自然療法トータルフットケアサロン『アヒナヒナ』 ❋❋❋

    自然療法フットケア・フットセラピストの YUKIHO です。

    足・靴・歩行のトータルケアで自然治癒力を生かしながら

    坂の町、長崎で女性達のつら~い足、脚の悩みやトラブルを

    解消していくお手伝いをさせていただきます。

    外反母趾、タコ・魚の目、冷え・むくみ、足指・足裏の痛み ~

    ~ O脚、巻き爪、ふくらはぎ痩せ、合う靴がない、歩き方が変 ~

            サロン ホームページアドレス : http://ahinahina.com/

❋❋❋❋❋❋❋❋❋❋❋❋❋❋❋❋❋❋❋❋❋❋❋❋❋❋❋❋❋❋❋❋❋❋❋❋❋❋❋❋❋❋

 

カレンダーでは今日が成人の日。

ですが、フットケアサロン『アヒナヒナ』の所在地・長崎市

12日が成人式でした。

 

ブログに何度か登場している娘も成人式を迎え、

着付け会場、式典会場、母校の中学校などへの送迎で、

1日をおかかえ運転手として忙しく過ごしました。

今年はお天気の心配もなく笑顔の艶姿がたくさん見れて、

とてもいい1日になりました。

 

さて、履きなれない草履でちょこちょこと歩く

艶姿の彼女たちの足元は、

しっかりした大人の足に育っているのでしょうか?

 

ヨーロッパなどでは、

生まれて初めて履く靴は薬局で買うというくらい

靴選びに神経を使うそうです。

成長途中の弱い足だからこそ、

正しい型にはめていく必要があるという考えです。

 

アスファルトやコンクリートのない未開の地や

江戸時代以前の日本では、

はだしやわらじのような簡易な履物を使用していたので、

足指の動きが妨げられず、足裏のアーチの発育も良好たっだと言われています。

 

親の世代の私の就学前までは、

まだ舗装されてない道路がありましたし、

近所にひろっぱがあって、

近所のお兄ちゃん、お姉ちゃん達と一緒に

日暮れまで外遊びをしていましたね。

小学校までは片道15分、中学校までは40分の徒歩でした。

 

今の子供たちはどうでしょう?

土の上で遊べる場所はあまりないですね。

だいいち、就学前から習い事で忙しく、

あまり遊ぶ時間もないですし、

遊びの内容自体も、ゲームなどの室内で過ごす時間が多いと言われています。

 

少し距離のある学校なら、バス通学が認められたり、

どこに行くにも車で送り迎え…というのが当たり前。

なので、大人になるまでにあまり歩いてないので、

足裏のアーチが十分形成されていないのです。

 

その上、靴を履き始める年齢も早くなっていると言われていますし、

キャラクターものの流行りの靴!といったような靴選びです。

学校の上履きや体育館履き、

さらに中学や高校では通学靴も指定なので、

サイズ(足長)に合わせて選んでも、

カパカパと脱げそうな靴を我慢しながら

何年間も履き続けてしまう子が多いんです。

 

足に正しくフィットしていない靴を履き、

十分な外遊びをしないまま、大人になってしまった足は、

とても弱く、すでにいくつものトラブルが生じていたり、

その予備軍の状態が多くみられます。

 

サロンに来られるお客様のお話でも、

「中学校の時にはこんな風になってました」みたいなお話、

よくあるんですよ。

 

こんな話をすると、

当の若い世代も、親の世代もショックですよね!

でも安心してください。

まずは自分の足の状態を正しく知って、

適切なケアをすると、改善は可能なんです。

自然治癒力を生かした自然療法は時間はかかりますが、

ただ若い分、そのスピードはやはり速いのです。

まったくうらやましい限りです。

若いっていいなあ~(セラピストの独り言)。

 

毎日立って、歩きます。

出かけるときは必ず靴を履きます。

なので、トラブルの種は日々蓄積されています。

フットケアを始めるなら、早いほうがいいですね。

そして、正しい知識とケアはトラブルの予防にもなりますよ。

 

自分の足、大事に育てていきましょう!