読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トータルフットケアサロン アヒナヒナ

厳しい環境でも花を咲かせるアヒナヒナ、忙しい現代社会を生きる女性にも共通する強さがありますね。そんな女性達の健康の鍵を握る足・脚の悩みを自然療法で根本的に解決していくお手伝い。

~5∼50年に1度花を咲かせた後は株ごと枯れてしまうアヒナヒナ。その花を見た人には幸福が訪れると言われているそう~ 

靴選び⑤ ~構造上のチェックポイント~

❋❋❋ 足・靴・歩行の自然療法トータルフットケアサロン『アヒナヒナ』 ❋❋❋

     自然療法フットケア、フットセラピストの YUKIHO です。

     足・靴・歩行のトータルケアで自然治癒力を生かしながら

     坂の町、長崎で女性達のつら~い足、脚の悩みやトラブルを

     解消していくお手伝いをさせていただきます。

❋❋❋❋❋❋❋❋❋❋❋❋❋❋❋❋❋❋❋❋❋❋❋❋❋❋❋❋❋❋❋❋❋

 

靴選び ~構造上のチェックポイント~ 

 ①ヒールの高さ

 ②ヒールの面積

 ③ヒールカウンター

 ④シャンク

 ⑤かえし

 

さて今日は、いよいよ最後の ⑤かえし について。

 

足の裏を地面につけた状態から、

かかとを持ち上げてみると、

母指の付け根と小指の付け根を結ぶ前足部あたりで曲がりますね。

私たちが歩いたり、走ったりする時、

この部分で地面を蹴ります。

 

つまり、靴は歩いたり、走ったりするための道具ですから、

この足の自然な動きを妨げない構造である必要があります

かかとからつま先へ体重移動して、

最後に足指でぐっと地面を蹴るために「返る」

この時、靴も一緒に「返る」構造になっているかどうか!ということになります。

 

「かえし」のある靴かどうかは

靴のつま先とかかとを持って、押してみてください。

靴の先3分の1くらいのところで曲がりますか?

厚底靴だったり、靴底が固すぎたり、

逆にあまりにも柔らかすぎて、かえしの部分以外のどこででも、

グニャグニャと曲がってしまう靴もよくありません。

 

かえしのしにくい靴を履くと、

知らず知らずのうちに、足指が使えずに、

蹴りの少ない歩き方になってしまう。

そんな歩き方が当たり前になってしまうと

足指がどんどん弱くなってしまうということに・・・。

 

また、この「かえし」の位置、

手にとって確認しただけで大丈夫!ではないのです。

今度は実際に履いてみて、

自分の足の「かえし」の位置と

靴の「かえし」の位置が合っていないといけません。

 

かかとをしっかりと合わせて履いた状態で歩いてみて、

最後に足指でぐっと地面を蹴る・・・

この動作に違和感があれば、

その靴の「かえし」の場所と

自分の足の「かえし」の場所があっていない証拠。

 

「これくらい大丈夫!」と見逃してしまうと

結局後で、「この靴を履くとやっぱり疲れる」なんてことに・・・。

 

さてさて、靴選びにおける 『構造上のチェックポイント』

お伝えしてきましたが、

いかがでしたか?

 

「これで私の足に合う靴が、バッチリ見つかるわ!」

ということかと言えば、いえいえ、

まだまだいくつかの注意事項があります。

 

「え~っ、まだあるの?めんどくさーい!」

そうおっしゃらずにもう少しお付き合いください。

自分の足に合う靴に出会うか、

靴に足を合わせてしまって、痛い思いをしたり

悪い歩き方になってしまうかの瀬戸際ですから・・・。

 

ですが、とりあえず今日はここまで。

次回まで、もう少しお付き合いくださいね❤